2021.08.23

矯正豆知識

アスリートも歯が命

  • LINE

「芸能人は歯が命」きっと多くの方が聞かれたことのあるコピーかと思います。「歯が命」なのは、芸能人だけではありません。今回はアスリートと歯並びの関係性についてお話ししていきます。

アスリートと歯並びの関係性

最近では、多くのアスリートの方が矯正治療をされています。

なぜアスリートがこぞって矯正治療をされるのか、その理由は大きくわけて2つあります。

1.見た目

もちろん、理由の1つは見た目の改善です。

例えば、水泳選手やゴルファー、サッカー選手、野球選手などなど、人前で行う競技がほとんどです。

ちらっと見えた口元や歓喜の笑顔が見えるとき、その一瞬でも人の印象は大きく変化します。

もちろん、綺麗な口元はとても魅力的ですよね。(口元のコンプレックスが解消されると、自信をもつこともできます!)

2.噛み合わせの改善

一見関係していないように思えるスポーツと噛み合わせ

実は、正しい噛み合わせになることで、集中力があがったり、姿勢が安定したりするのです。

パフォーマンスの向上を考えておられる方は噛み合わせを見直し、矯正治療をされることが多くあります。

噛み合わせと体幹について

噛み合わせを改善することで、姿勢や体幹が安定します。

姿勢が安定していないと、高いパフォーマンスを発揮することができません。

また、噛み合わせが安定していないことは、脳にとってもストレスを与えることに繋がります。

アスリートにとって、メンタル面の安定性もパフォーマンスの向上と深く関係しているため、「正しい噛み合わせ」をつくることでメンタル面での安定をはかります。

見た目もパフォーマンスも

口元の見た目にコンプレックスをお持ちの方、パフォーマンスが伸びずにお悩みの方。

矯正治療で見た目と噛み合わせを改善し、自信をつけることで、スポーツのパフォーマンスをあげませんか?

アスリートに適した装置とは?

矯正といっても、ワイヤー矯正・マウスピース矯正など種類がある中。アスリートにとって適した装置ってあるのでしょうか?

答えはスポーツの種類によって、あります。

接触プレーがあるかどうか?が代表的です。

例えばラグビーのように相手選手との激しくぶつかり合うようなプレーが必要な場合、ワイヤー矯正をしているとお口の中を傷つけてしまいやすいです。
その場合、マウスピース矯正をおすすめしています。

最近では、スポーツの種類とは関係なく「目立たない」矯正を好まれるようになってきました。

患者様のライフスタイル、状況に適した治療を是非一緒に見つけましょう。

~番外編~歯列矯正済みアスリート

宮原知子選手(フィギアスケート)

マウスピース矯正ではありませんが、ワイヤー矯正をされていました。

宮原選手は、歯の表側に矯正装置を装着して歯列矯正をされていた選手です。

もちろん、フィギア選手にとっても体のバランスは非常に重要です。

バランスがとれて、パフォーマンスがあがるだけでなく、演技中の笑顔にも自信をもつことができます。

大谷翔平選手(野球)

マウスピースでの矯正をされています。

バッティングや、ボールを投げる際に、噛み合わせによってパフォーマンスが変わってきます。

選手が矯正を始めると、「歯もプロ仕様に」と言われるほど、真剣にスポーツに取り組むほどに歯並びの重要性に気づきます。

スポーツ中は歯を食いしばることが多くあり、野球選手が、引退前に歯がボロボロになっていたことは有名な話ですよね。パフォーマンスの維持と歯を守るためにも、マウスピースとスポーツは深い関係があります。

大橋悠依選手(水泳)

2020年東京オリンピックで、金メダルを獲得した大橋選手。

大きく口を開けた笑顔が特徴的であり、その際に見える矯正治療に注目がいった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

大橋選手は、2019年ごろからワイヤー矯正を始めています。

治療開始後に金メダルまで辿り着いているところから見ても、 多大なる努力はもちろんのことですが、 スポーツ選手のパフォーマンスと矯正治療の関係性に期待が高まります。

村上茉愛選手(女子体操)

オリンピックで銅メダルを獲得した村上茉愛選手。

競技中もマウスピース装置と顎間ゴムをつけておられたのが印象的でした。(きっと多くの歯科医療従事者が素晴らしい!と褒めていたはず。)

もともと前歯の叢生(歯の重なり・ガタガタ)がみられる歯並びでしたので、歯列矯正後の歯並びで素敵な笑顔になられるのが楽しみですね!

記事監修者:歯科医師 庄野太一郎

徳島県、昭和大学歯学部卒業。医療法人庄野市歯科診療所の理事長として、庄野歯科医院徳島院、庄野歯科医院北浜オフィスを開設。国際インプラント学会に所属し、インプラント治療の技術研鑽に努め、四国初のインプラントセーフティーマーク取得医院として認定。現在、関連書籍も出版。