2021.10.06

装置のこと

アタッチメント

  • LINE

マウスピース矯正をお考えの方であれば、「アタッチメント」の存在を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?。どうして必要なの?そもそもあれは何?

今日は、アタッチメントの話、働き編。として、アタッチメントについて説明したいと思います。

アタッチメントとは?

マウスピース矯正では欠かすことができない、歯を動かす力を補助してくれる、歯の表面につける3~5㎜ほどのポチッとした突起物です。

「コンポジットレジン」と言う白いプラスチックの材料は、歯の詰め物に使用される同じ材料なので安心です。歯の色とも似ているので、意外と目立ちにくいです。※矯正治療が終了後には、簡単にとれます。

本当に目立たないか心配な方へ

マウスピースで一番の利点は、装置が目立たないこと。ですが、アタッチメントという突起物を付ける必要があるとなると、話は一点し、「目立つのでは?!」と思う方がほとんど。

ですが、実際につけてみると本当に気にならない!」と感じる方がほとんどなんです。

実際に治療計画が立て終わってからでないと、わからないアタッチメントの数や位置。
でも、大丈夫です。予想以上に目立たないことに実感してもらえるでしょう。

出来ること

歯根へのアプローチ

マウスピースは見えている歯(歯の頭の部分)のみを覆っているので、かつてはうまく歯の根っこまで動かすことができませんでした。アタッチメントがあることにより、歯の根っこの方までしっかり力を加え動かすことができ、後戻りのリスクも大幅に軽減できるようになりました。

マウスピースがぴったり留まる

マウスピース自体にもしっかり歯につかまる力はありますが、アタッチメントが付くことにより、歯にぴったり留まる力が増すため、装着中、全力で歯の移動を助けてくれます。

歯の動きが確認できる

マウスピースの動きに歯がきちんとついていけているか?ドクターがチェックする際、アタッチメントがあることにより、マウスピースとの間に隙間やずれがあることがひと目でわかります。計画通りに動いているかどうかをいち早く確認ができ、治療が長引くことも防げます

もしも、取れてしまったら?

意外と一度きちんとくっつくと、治療が終わるまでしっかり付いていますが、まれに最初の接着時に歯の表面が完全に乾いていなかったり、接着が甘かった場合すぐに取れてしまいます。

そんな時は焦らず、歯科医師に相談し、すぐに処置が必要かどうかを判断してもらいましょう。付けている位置によっては、処置を急ぐ必要のないアタッチメントの種類もあります。

また、最初の接着時にどこにつけてもらったかを確認しておくと良いでしょう。非常に小さいため、知らず知らずに取れており、取れてしまったのか元々なかったのかが判断できなくなることを防げます。

こんなことに要注意!

上記でもご説明した通り、アタッチメントは樹脂(プラスチック素材)でできています。

そのため、コーヒーや紅茶、ワインがお好きな方は、要注意。

樹脂は着色しやすいため、歯だけでなく、アタッチメントも着色してしまいます。

アライナーを装着したまま、色が濃い飲み物を飲まないように注意していただき、こまめな歯磨きを心がけてください。

アタッチメントの種類

アタッチメントの働きが非常に優秀である、インビザラインの進化する歴史の中で、様々なアタッチメントの種類が生み出されてきたことにより、これまで難しかった歯の動きにもアプローチが可能になりました。

大きくわけて2つ

アタッチメントには、「通常アタッチメント」と「最適アタッチメント」の2種類があります。

通常アタッチメントは、歯科医師が直接マウスピースに設置するもので、最適アタッチメントは、自動でシミュレーション時に設置されます。一方、最適アタッチメントは、症例によって形状が違います。

ルートコントロール用
 最適アタッチメント
 ※タップでより詳しく

マルチトゥース挺出用
 最適アタッチメント
 ※タップでより詳しく

回転用最適アタッチメント

大臼歯回転用アタッチメント

過蓋咬合用最適アタッチメント

アンカレッジ用最適アタッチメント

次回以降で、各アタッチメントの役割編としてご紹介したいと思います。

当院では、無料シミュレーションで、どういったアプローチをしながら動くかを確認できます。是非お気軽にご来院くださいませ。

記事監修者:歯科医師 庄野太一郎

徳島県、昭和大学歯学部卒業。医療法人庄野市歯科診療所の理事長として、庄野歯科医院徳島院、庄野歯科医院北浜オフィスを開設。国際インプラント学会に所属し、インプラント治療の技術研鑽に努め、四国初のインプラントセーフティーマーク取得医院として認定。現在、関連書籍も出版。