2021.11.08

矯正豆知識

マウスピース矯正とIPR

  • LINE

IPRとは、歯と歯の間にヤスリをかけることを言います。
ワイヤー矯正治療でも使われるテクニックでありますが、特にマウスピース矯正との相性がいいと言われています。

どういうもの?

歯にヤスリをかけるって・・・聞くだけで歯が痛くなりそうですよね。
でも大丈夫。どういうテクニックかが分かれば、納得してもらえるはずです。

削るといっても、場所は歯の一番硬いエナメル質の一部であり、もちろん歯の健康を第一に考えた範囲で行われます。そのため、0.5mm未満程度の厚みしか削りません。

一番気になる、痛みについて

エナメル質自体は神経が通っていないので削っても痛みを感じることはありません。
「怖い」「痛そう」というイメージをもたれがちですが、痛くも痒くもないのです。

また、小児歯科でも一般的に治療の一部で行われています。(お子様でも、頑張れる治療ということです!)

リスクは?

歯が薄くなったり、虫歯のリスクが高まる心配もありません。また、治療後にその隙間が残ったり、削りすぎたりすることはありません。
むしろIPRされたほうが、再石灰化が起き、虫歯に強い歯になるという説もあります。

抜歯を回避する方法だと捉える

「歯を削る」と言われると、恐怖感や今後その歯がどうなってしまうの?!という気持ちが湧き出てくると思います。ただ、歯を削るという方法でとどまれるという捉え方もできます。

矯正治療を時に、スペース大きく確保するために抜歯が必要な方も中にはいらっしゃいます。比較すると、歯を削るだけの負荷で、スペースを確保できる。ということなのです。

隙間は閉じるの?

IPRを行った後に心配になるのが、つくった隙間が閉じるかどうか。

もちろん、隙間があるままで治療が終了することはありません。

0.5mm未満の隙間であれば、短期間で閉鎖することができます。

歯のねじれや傾きなどを修正しながら、隙間を閉鎖していきますので、ご安心ください。

マウスピース矯正との相性

そもそも、IPRは事前に治療計画にあるのか、治療中に歯の動き方を見ながら計画に盛り込む。この2つのパターンがあります。

しかし、インビザラインは、コンピューターによるクリンチェックがあるため、
治療前の段階でどこをどのくらい歯を削るかを、歯科医師の診断を反映させることができます。治療開始前に、患者様にしっかりと説明ができることが理解を深めることができ、歯を削ることへの不安を軽減することが期待されます。

IPRをしてできること

IPRを取り入れる理由は、個人の治療計画によりますが、基本的には「治療期間の短縮」「矯正治療可能範囲の拡大」がベースにあります。

詳しいメリットを見ていきましょう。

歯のバランスを整える

人によっては、同じ歯でも左右の歯の大きさが異なる方もいます。

歯を揃えた後に、噛み合わせの良さを軸に考えた際に、歯を削って、左右の大きさを合わせるために削ります。

大きさを整える

それぞれの歯には、基準となる大きさがあります。

基準値を超える大きさの場合、歯1本ずつが大きいため、歯が綺麗に並びきることができずにガタガタの歯並びになったり、歯が重なって生えてしまうことがあります。

1本ずつの大きさを分析した上で、基準値の大きさになるようにIPRの量を決定します。

形を整える

歯の形態も人それぞれ。

歯科では前歯の形は、その人の輪郭を逆さにした形になっているといわれています。(丸顔の人は、丸みを帯びた形態に)

歯の形態があまりにも丸すぎると見た目が良くなかったり、野暮ったい印象になるため、形を整えます。

ブラックトライアングルを小さくする

特に歯のガタガタが多かった方の治療後に、歯の間と歯ぐきの間に隙間が出てしまう場合があります。

パっと見ると、黒いトライアングルのような形をしているように見えるため、「ブラックトライアングル」と言われています。

歯を削り、形を変えることで、歯と歯同士がぴたっと接する面をつくることで、隙間を小さくすることが可能です。

歯を並べるスペースを作る

これが一番多い理由ではないでしょうか。

歯を並べるスペースがない患者様の場合、矯正後の歯の居場所を作る必要があります。

抜歯をするケースもありますが、極力抜かずに矯正をするためにも、一つひとつの歯を小さくして、スペースを確保する方法としても使用されます。

歯を引っこめる

歯と歯が重なっている状態を整えると、ケースによっては治療前よりも前歯が前に出てしまうことがあります。

歯が出ている量が軽度であれば、IPRを行い、隙間を閉じることで、前歯を少し内側に入れることが可能です。

しかし、IPRを行ったとしても改善がみられないことが予想される場合、抜歯を行う歯列矯正を行います。

IPRでやりきる矯正治療を

「気になる部分も少し残っているけれど、ここまで綺麗になったしいいか」

矯正治療が進む中で、ある程度歯並びが整うと、「あと少し」気になる部分があってもこのように思う方も少なくありません。

その「あと少し」の微調整が、IPRをすることで解消する可能性もあります。歯科医師からの提案待ちだけではなく、自分から相談するのも一つの手です。
患者様の最後まで細部までこだわり抜くお気持ちも、矯正治療を満足のいく結果へ導く大きな要素になります。
納得いく治療を一緒に目指しましょう。

無料シミュレーションで不安を解消

安全とわかっていても、歯を削るって怖い・・痛そう。という不安は残るはず。

当院では、無料シミュレーションを使って治療開始前に患者様にきちとんご説明し、不安を少しでも軽減させていただけます。

是非お気軽にご来院くださいませ。

記事監修者:歯科医師 庄野太一郎

徳島県、昭和大学歯学部卒業。医療法人庄野市歯科診療所の理事長として、庄野歯科医院徳島院、庄野歯科医院北浜オフィスを開設。国際インプラント学会に所属し、インプラント治療の技術研鑽に努め、四国初のインプラントセーフティーマーク取得医院として認定。現在、関連書籍も出版。