2021.12.22

矯正豆知識

歯がない人のマウスピース矯正

  • LINE

虫歯や歯周病を放置して、症状が進行してしまった場合には、最終的には抜歯をする必要があります。

そのように、1本~複数本の歯を抜いた場合でもマウスピース矯正ができるのか?そもそも、そのようなケースに歯列矯正が必要なの?という疑問に回答します。

マウスピース矯正できるの?

抜歯などによって、歯を失ってもマウスピース矯正を行うことは可能です。

歯を失った本数や位置によって治療計画は異なりますが、失った部分を補うために入れ歯や人工歯、インプラントを行うことを加味した治療計画を立て、マウスピース矯正を行います。

抜歯ありきでの矯正治療も

日本人は、比較的顎が小さいと言われています。そのため、矯正治療の開始前によく議論されるのが抜歯の有無。要は歯が綺麗に並べられるほどの顎の大きさがあるかどうかを治療計画を立てる上で判断していきます。

そのため、矯正治療するために抜歯をするケースがあるほど、歯を失った上での矯正治療は珍しくなくなっていると言えるのです。

そもそも矯正は必要なの?

虫歯や歯周病を放置して、抜歯に至る患者様は残念ながらまだまだおられます。そのようなケースでは、そもそも歯列矯正が必要なの?と思われることかと思います。

結論としては、必要です。

ではなぜ必要になるのか、歯を失った部分を放置することによる問題や影響をご説明していきます。

放置することで起こる問題

1.歯がない部分に歯が移動する
      ↓
2.噛み合わせがかわる
      ↓
3.一部に過度な負担がかかる
      ↓
4.顎関節に影響が出たり、噛み合わせの崩壊が起こる
      ↓
5.問題のなかった歯も悪くなる
      ↓
6.どんどん歯を失ってしまう

このような流れを辿りやすいと言われています。

最初は、「たった1本の歯」を失ったことから、最終的に多くの歯を失う結果になってしまいます。

例えばこんなケースも

一つの例を挙げると、右奥あたりの歯を失ったまま放置をしていたケースです。上記でいうと3番の「一部に過度な負担がかかる」ことにより、思わぬ箇所に突然被害が起きたケースがあります。

それが、「前歯がかける」ことでした。

このパターンでは、前歯に過度な負担がかかってしまっており、結果として、朝起きると歯が欠けている!と気づいたということです。
知らない間にどこにどう負担がかかっているかがわかりません。結果として見えきた時には、手遅れになっている場合もあるので注意が必要です。

生まれつき歯が足りないパターンも

生まれつき歯の本数が足りない状態を「先天性欠損(せんてんせいけっそん)」といいます。

歯が足りない部分にできたスペースの量によって、治療方法が異なりますが、

少しの隙間であれば、マウスピース矯正でスペースを閉鎖して歯並びを整えることができます。

不足本数が複数にわたる場合で、隙間が大きな場合には、逆に適正な隙間をつくり、人工の修復物を入れる治療を行います。

歯を失った方にも矯正治療は必要です

上記のような問題や影響が考えられるため、歯を失った方にも矯正治療は必要です。

歯がないのに歯並びを整えても・・・と放置するのではなく、10年後・20年後も歯を失うことなく過ごしていただくために、一度考えてみてください。

記事監修者:歯科医師 庄野太一郎

徳島県出身、昭和大学歯学部卒業。医療法人庄野歯科診療所の理事長として、庄野歯科医院徳島院、庄野歯科医院北浜オフィスを開設。国際インプラント学会に所属し、インプラント治療の技術研鑽に努め、四国初のインプラントセーフティーマーク取得医院として認定。現在、関連書籍も出版。