注意事項
Notes

マウスピース型矯正装置について

  • 01

    マウスピースは毎日20時間以上を目安に装着する必要があります。(基本的には食事や歯磨きの時以外は装着するようにしてください)装着していただけない場合は、計画通りに歯が動かず、治療期間が延びる可能性がございます。

  • 02

    マウスピースを紛失、破損された場合、再作製に料金が発生いたしますので、ご注意ください。

  • 03

    患者様によっては、最初にご用意するマウスピースに加えて、仕上げのための追加マウスピースが必要になる場合があります。

  • 04

    インビザラインGOを用いた矯正システムは、歯を動かす限界や個人差がありますので、ご本人の期待通りの歯並びにならない可能性があります。

  • 05

    マウスピース型矯正装置(インビザラインGO)は、完成物薬機法対象外の装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

適応範囲

  • 01

    第二小臼歯(前から5番目の歯)から反対側の第二小臼歯までの範囲を対象とした治療方法で、軽度の歯列不正(歯並びの乱れ)にのみ適応しています。

  • 02

    奥歯(6歳臼歯、12歳臼歯)を動かすことはできません。

治療中・治療後の注意事項

  • 01

    歯にアタッチメント(白い樹脂の小さな突起)をつけたり、取り外しが出来るゴムを装着していただく場合があります。

  • 02

    アタッチメントは脱離することもあり、そのような場合は再度装着いたします。(治療終了時に取り除きます。)

  • 03

    歯を動かすためにスペースが必要な場合、歯の削合が必要となる場合があります。

  • 04

    個人差がありますが、新しいマウスピースに交換した際に、歯に痛みがでる場合があります。

  • 05

    歯が元の位置に戻る「後戻り」を予防するために、治療終了後に保定装置を装着していただくことがあります。

  • 06

    マウスピースを装着したままで、飲食をされると虫歯の原因になります。

  • 07

    マウスピースに慣れるまでは発音に影響を与える場合がありますが、通常1週間~2週間以内に慣れていただくことができます。

  • 08

    被せ物がある場合、歯並び・噛み合わせのバランスや見た目などを考慮し、治療終了後に新しい被せ物に交換していただく可能性があります。