2021.11.18

矯正豆知識

時代で変わる、矯正を始めるきっかけ

  • LINE

昨今、世の中が大きく変化していますよね。中でもテクノロジーの進化に加え、ウイルス感染の影響で急速にオンライン上での活動が増えてきました。今後も更に、オンライン上でのコミュニケーションが定着していくことでしょう。こういった変化が、歯科矯正を始める理由の一つにも繋がっています。

スタンダート化した婚活の傾向

経済不安が続くと、結婚相談所に登録する男女が増えるというデータがあります。現在、まさにそのブーム到来。追い打ちをかけるように、合コンや街コンのように大勢で食事をすることが難しくなった今、オンライン上での出会いの需要が高まっています。

婚活には歯が命?!

「人は見た目じゃない」と信じたい。しかし、数年前から流行している婚活アプリを始め、婚活にはどうしても写真がつきもの。普段よりも見た目の印象で判断してしまう傾向にあることが現実です。

顔の造りは変えられません。では、より相手に良い印象を与えるには何ができるか?

それは、「笑顔」です。
特に、綺麗な歯並びを見せた自信のある笑顔は、相手にいい印象を与える大きな影響力を持っています。

男性も見た目の意識が高くなりつつある

男性の美意識の高さは年々高まってきていると感じます。脱毛やまつげエクステなど、これまで女性だけがするものだと思われてきたことが、男性の日常にも取り入れられるようになってきました。

歯列矯正も、広告等で見られるのはほとんどが女性のモデル。しかし、男性が見た目を気にした上での歯列矯正の需要は確実に増えてきています。

意外と見られているオンライン通話

婚活含め、オンライン上でデートや飲み会をする時代がやってきました。出会いの場面だけではなく、ビジネスシーンでも、ビデオ通話をする機会が増えてきたのではないでしょうか?

実際に会う時とは違い、画面いっぱいに真正面からお顔が映し出され、「私ってこんなふうに見えてるんだ・・」と思った方も居るかもしれません。
直接目を合わせて話していない分、意外と普段じっくり注目しづらい口元にも、長く目線がいっているものです。

一度も会うことがなく取引が完結する時代

新しくクライアントになった方や、取引先の方とオンライン通話から始まり、一つの案件が終わるまで一度も会わずに取引が完結するといったことも最近では少なくないでしょう。

出張や接待の必要性が問われていることからも、今後さらにこういった事象は増えていくことでしょう。
そんな場合でもやっぱり重要なのが画面に映る自分。平面だけで伝わる印象は限られているため、今こそ矯正を開始する大きなきっかけになるはずです。

〜番外編〜 婚活後のブライダル矯正

婚活中に、矯正治療が間に合わなくても大丈夫。”ブライダル矯正”という言葉は聞いたことがあるのでないでしょうか。
結婚式の準備にかかる時間は、平均で半年間と言われており、当院が取り扱うマウスピース矯正も約半年間の治療期期間を目安に終了します。

結婚式では、普段よりお写真を撮る場面が多くなります。自信のある歯並びで、思い出に残る一日を迎えませんか?

たとえ、矯正が終了しなくても大丈夫!

仮に、矯正治療が結婚式までに終了しなくてもマウスピース矯正なら取り外しができるため、期間を気にせず始めていただくことができます。

従来のワイヤー矯正の場合、一時的にワイヤーを除去するか、矯正治療期間を逆算して治療を開始していただく必要がありましたが、マウスピース矯正の場合、矯正中だということに気付かれません。

今こそ、矯正を始める時

オンライン上で、更に目立ち始めたお口元事情。ただ、オフライン上ではどうでしょうか?誰もがどの状態でもマスクを装着することが当たり前になった今だからこそ!こっそり矯正を始めてみませんか?

マウスピース矯正なら、誰にも気づかれないまま矯正が終了するかもしれませんよ!

マスク詐欺と言わせない!

マスク生活が続いてはや1年以上が経ち、気づけば、仕事で知り合った人・新しく通い始めた美容院の方などなど、「マスクの下を一度も見たことがない人」が周りにいる状態の方も耳にします。

マスクをした状態って、なぜか何割増しか美しく見えてしまうもの。何かのタイミングで、マスクを外した時に「あ・・・こんな顔だったんだ」といったギャップを少しでも減らす対処法としても◎

人生100年時代への対応方法として

世の中で言わずと知れた、「人生100年時代の到来」。100歳まで生きることは、将来的に珍しいことでなくなります。今この時代を生きているほとんどの人が該当します。

自分の身体で、自分の歯で、生まれ持ったものの健康を保ちながら生活することが、長い時代を豊かに生き抜く術だと言えます。

自分の歯で長期間「噛む」ために

100年の人生を生きたとして。

イメージしてみてください。少しでも長い期間自分の歯で「噛める」ということ。自分の歯で好きなものを食べられるということ。

楽しみが残るだけでなく、自分の歯で、自分のお口から食事ができることで、健康な体を維持することができます。ただ100年生きるのではなく、健康で、元気に、100年生きましょう!

当院では、無料シミュレーションを行っております。是非ご予約の上お越しください。

記事監修者:歯科医師 庄野太一郎

徳島県、昭和大学歯学部卒業。医療法人庄野市歯科診療所の理事長として、庄野歯科医院徳島院、庄野歯科医院北浜オフィスを開設。国際インプラント学会に所属し、インプラント治療の技術研鑽に努め、四国初のインプラントセーフティーマーク取得医院として認定。現在、関連書籍も出版。