2021.05.27

装置のこと

マウスピース矯正の得意技

  • LINE

ワイヤー矯正とマウスピース矯正の違いは、お話してきました。

マウスピース矯正とワイヤー矯正の違い
ワイヤー矯正との違い-PART2

今回は、少しだけ詳しく、矯正装置の仕組みを知りながらマウスピース矯正の、得意な動きや少苦手な動きについて見ていきましょう。

得意な動き

ワイヤー矯正とマウスピース矯正は、どちらも同じ原理で歯を動かしています。そして今となってはマウスピース矯正が進化したことで、ワイヤー矯正とほとんど同等な動きが可能となりました。
そんな中でも、それぞれの装置の特徴から、動き方の不得意・得意に気づくことになります。

後方移動

歯を後ろにさげる動きをするとき、ワイヤー矯正では、ほとんどが奥歯を起点に歯を後ろに移動させていきます。その時、奥歯はふんばりながら、他の歯が後ろに下がってくるのを見守っています。同時にどうしても、動かしたい方向とは逆方向に奥歯は動いてしまします。

一方マウスピース矯正は、後方移動が大得意です。歯全体をカバーした状態で動かすため、奥歯が逆方向に動く力が働くことによる移動のロスがなくなります。また、奥歯を起点に歯を動かしていない分、奥歯自体の後方移動も可能なこともワイヤー矯正と比べると大きい得意技と言えます。

顎のスペースを広げる

多くの歯に一定の力をかけられることから、歯列自体を広げる動き、つまり顎のスペースを広げる動きを得意としています。

同じ動きをワイヤー矯正をしようとすると、時間が長くかかったり、装置が追加される可能性もあります。

苦手な動き

ここまでくると、マウスピース矯正って最強説がでてきますよね。ただし、やっぱり苦手な動きはあるものです。

縦の動き

前述したことから想像できる方もいらっしゃるでしょう。縦の動きというのは、例えば

「倒れてしまっている歯を起き上がらせる」
歯の生え方に沿って「歯を押し込む・押し出す」動きを言います。

マウスピースにこの動きをさせるとなると、少しずつ少しずつ、歯の頭に力をかけながら動かしていくことになるため、ワイヤー矯正と比べると時間がかかる動きとなります。

必要な動き方の見分け方

自分の歯並びをよくするには、一体どの動きが必要なのか?見えていない、歯の根っこ部分や生え方は非常に複雑です。このように、歯の動き方や装置ごとの働きを知った上でご自身の歯の動き方を見てみませんか?きっと、より納得感が得られますよ!

当院では、無料シミュレーションをご提案しています。

ご予約はこちら

記事監修者:歯科医師 庄野太一郎

徳島県、昭和大学歯学部卒業。医療法人庄野市歯科診療所の理事長として、庄野歯科医院徳島院、庄野歯科医院北浜オフィスを開設。国際インプラント学会に所属し、インプラント治療の技術研鑽に努め、四国初のインプラントセーフティーマーク取得医院として認定。現在、関連書籍も出版。