2021.09.22

矯正豆知識

矯正治療を理解してもらう方法

  • LINE

矯正治療を始めたくても、高額であることから、周囲の理解を得ることが難しく中には反対をされる方もいらっしゃいます。そのまま矯正治療を諦めてしまっている方も少なくありません。

上手に説明ができれば、理解が得られる可能性もあります。今回は、このブログ一つで周囲に理解してもらえるようにまとめました。

見た目のためだけではありません

特に、幼少期を過ぎた矯正治療に関しては、「見た目の改善のため」という理由が先行します。自分自身ですら、「今さら見た目のために、大金を払うなんて価値があるのか?」と自問自答される方も多いです。
既に多くの矯正歯科医院が語るように、矯正治療は見た目の改善のみが目的ではありません。

エコ活動を目的にも

矯正治療の新しい観点として、「エコ活動」として還元できる可能性があります。エコと矯正治療がどういう関係があるの?!と、思われる方が多いことでしょう。
以下のような流れが一例で挙げられます。

矯正治療をする

歯のメンテナンスがしやすい

お口の健康が保てる

定期検診のみで済む

つまり矯正治療をすることにより、虫歯にかかるリスクが減ることで、治療に要する廃棄物を減らすことができるんです。

虫歯治療と定期検診をする際のゴミの量について詳しい記事はこちら
>>「地球環境を守る!矯正治療

機能面の改善

しっかりとした噛み合わせをつくることで、歯の本来の機能である「噛む」能力を最大限にスキルアップできます。

必ず衰える細胞たちに打ち勝つために、ずっと使う歯の機能面を常にアップデートしておくことは、長い人生を歩む上で豊かさに格段の差がでてきます。

噛み合わせが整うと改善される主なこと

✔ 顎関節への負担を減らす
✔ 咀嚼が正しくできる
✔ 口呼吸の改善

歯が動くしくみの理解を深める

矯正治療が「心身共にいいこと」であることはある程度理解を得たとしても、今度は「歯に負担はないのか?」など、あら探しのように疑問を抱く方もいらっしゃるでしょう。

知らないものを受け入れる方が難しいのは当たり前です。歯の動くしくみについても、しっかり理解していただき、興味を持ってもらうこと、壁を取っ払うことも非常に重要です。

歯が動くしくみについてはこちら

費用についての説明は?

日々の生活や娯楽などの消費が優先になり、矯正治療の優先順位は低くなりがちです。治療期間が長いことや自ら痛みが伴うらしい治療に大金を払うことに抵抗があるのも無理はないでしょう。

費用についても、様々な考え方があります。


例えば、アメリカ人でいえばなぜあれだけ矯正治療が普及しているか。答えは医療費が高額であるからです。そのため、虫歯や歯のトラブルにならないように、日々のメンテナンスがしやすいよう、予防の観点で歯科治療を捉えています。

生涯に渡って使う「歯」のメンテナンス代や治療日は馬鹿になりません。特に年齢を重ねるごとにお口の中の老化は避けられません。
お口の健康を保ちながら、長期的な医療費の軽減にも取り組めます。

専門的な話よりも、具体的な価格はどうなのか?そこが一番気になるはずですね。

価格のお悩みにご相談を

✔ デンタルローンが使える可能性
✔ 治療内容で低価格になる可能性も
✔ キャンペーン価格での治療スタート
✔ モニター募集があるところも

マウスピース矯正を扱う歯科医院が増えてきたこともあり、人々の矯正治療への興味関心が高まってきています。そのため、歯科医院間での価格競争も起き始めて入ると言っても過言ではありません。

価格のご相談や、価値判断についてもあわせてご相談ください。

当院の費用について詳しく

ご一緒に無料カウセリングへ

ここまで予習ができたらなら、実際に歯科医院へお越しください。

矯正治療はお一人お一人、矯正治療計画が違います。無料シミュレーションを受けることで、これまで想像の範囲であったものが、一変するはずです。より具体的な疑問が浮かび上がってくることでしょう。

是非一緒に解消し、より理解を深めていただく時間にしましょう。矯正治療はまだ、ただただ「痛い」「高い」というイメージが先行しがちです。

新しい発見をし、興味を持っていただくことが非常に重要です。

無料カウンセリング

学生の方は友達とタッグを組んで!

学生といっても中高校生になると、どうしても親に矯正費用をだしてもらうことになります。親の薦めでない限り、やはり説得が必要です。

「一人じゃ心細いな」と思う人は、歯並びに悩む友達とタッグを組んでみるのはどうでしょうか。また、一緒に治療がスタートできる友達が居るとモチベーションを保ち合えるので、矯正期間もあっと言う間ですよ!

ペア割もあります

記事監修者:歯科医師 庄野太一郎

徳島県、昭和大学歯学部卒業。医療法人庄野市歯科診療所の理事長として、庄野歯科医院徳島院、庄野歯科医院北浜オフィスを開設。国際インプラント学会に所属し、インプラント治療の技術研鑽に努め、四国初のインプラントセーフティーマーク取得医院として認定。現在、関連書籍も出版。