2021.12.06

未分類

矯正中に歯を白くしたい

  • LINE

矯正治療をされている方や、矯正治療を検討されている方がよくご希望されるのが「矯正治療中に歯を白くしたい!」ということ。

従来のワイヤー矯正では、治療中にホワイトニングを行うことはできませんでした。

「じゃあ、矯正治療中はホワイトニングを我慢しないといけないの!?」という思いに回答していきます。

矯正中にホワイトニング
はできるか!?

できる方法は、あります。

表側からのワイヤー矯正の場合にはできませんが、マウスピース矯正の場合にはホワイトニングが可能です。(あとは、歯の裏側から治療を行う「舌側矯正」でもホワイトニングを行うことができます!)

ホワイトニングと矯正治療の相性については、こちらをご覧ください!

被せ物をしている歯がないかチェック!

被せ物はホワイトニングでは白くなりません。そのため、被せ物がないかどうかも確認してみてください。

もし、被せ物がある場合には、ホワイトニングを行ったあとの歯の白さに合わせて、被せ物を新調されることをおすすめします。

マウスピースの方は要確認!

マウスピース矯正であればホワイトニングができることをご説明いたしましたが、マウスピース矯正をされている方がホワイトニングを開始される前に確認していただきたいことがあります。


アタッチメントが前歯に
 ついていないか

アタッチメントがついている場合、アタッチメントの部分は歯を白くすることができません。そのため、アタッチメントが前歯についたままホワイトニングをした場合、マウスピース矯正後に歯がまだらになってしまいますので、よく確認してくださいね。

定期クリーニングでも、歯は白くなる!

マウスピースは取り外しができる分、通常の定期クリーニングが楽々受けられます。
「ホワイトニングは、矯正が全部終わってから!」
「まだホワイトニングをするのは抵抗がある」

など、ホワイトニングをすることを踏みとどまっている方には期的にクリーニングがおすすめです。知らず知らずに着色している汚れを取ることができるため、ある程度の白さを取り戻すことができます。

ホワイトニングを継続するコツ

ここで言う、ホワイトニングはおうちでのホームホワイトニングがメインです。つまり、ご自身でホワイトニング剤を使い、継続的に続けていく必要があるということです。

「最初のころは続けていたけれど、最近サボってしまっている・・・」

「時間がとれない・・・」

こういった声を、よく聞きます。
というのも、ホームホワイトニングは1〜2時間放置することプラスその後30分〜1時間は食事や着色する飲みのものはとらないことが条件。
そのため、最大3時間はホワイトニングの時間をとる必要があるため、計画的に生活に取り込まないと継続が難しいと感じる方も多いようです。では継続するには?ちょっとしたコツをご紹介します。

ポイントは、長い時間を確保することにとらわれるのではなく、コンスタントに続けることに集中!

入浴中

半身浴や入浴中、お風呂の時間を有効に使いながらホワイトニング。ただ、頭や顔を洗う時は知らず知らずにお水が口に入り混んでいることもあるので注意!

通勤中

ホワイトニング剤の量の調整は必要ですが、意外と盲点なこの時間。1時間は時間を確保できるようであれば試してみる価値ありです。

寝る前

一番、この時間を使ってする方も多い反面、時間の確保がなかなか難しいのも現実。ただ、継続を優先的に。入浴後すぐから寝るまでの間の1時間だけでも確保しましょう。

ホワイトニング効果を持続させるために

一番注意していただきたいことは、マウスピースを装着した状態でコーヒーや紅茶を飲まないこと!

着色の原因になるだけでなく、糖分が含まれていると虫歯の原因にも。

※ 必ず外して飲食してくださいね!

「治療中」だけでなく
「治療後」も◎

矯正治療中のホワイトニングは、矯正方法を選ぶことで行うことができます。

一番おすすめしたいのは、「矯正中」はもちろん「矯正後」にもホワイトニングを行っていただくことです。矯正治療で綺麗になった口元が、間違いなくもっともっと綺麗になります。

矯正後の歯並びにさらに磨きをかけたい方は、ホワイトニングがおすすめです!

マウスピース矯正だとお得感?!

通常3〜4万円ほどするホームホワイトニング。マウスピース矯正中の方は、矯正中のそのマウスピースを使ってホワイトニングが可能!

ホームホワイトニング用のジェル単体の販売もあるため、比較的安くホワイトニングを試せます。

特にホワイトニングジェルを使った方法は、長期的に使用することでしっかり白くなるため、マウスピース矯正中の方と相性抜群です。

ホワイトニングジェル1本でどれぐらい白くなる?

残念ながら1本使い切るだけでは、白くなりません。ただ、効果的な使用方法で、安く早く白さを実感することができます。
ホワイトニングジェルの効果的な使い方として

・一週間で1本使いきる
・1〜2週間の間で毎日使用継続する
・ホワイトニングジェルは冷蔵庫に保存(劣化防止)

上記を守りながらコツコツと続けると、ホワイトニングに失敗する可能性は低くなります。

~番外編~ ホワイトニングをすると、歯並びがよく見える?!

矯正をしていない方でも、歯が白くなると歯並びがよくなった?と思うほど歯が揃ったように見える効果があります。

横に並ぶ歯同士の色・ツヤの差がなくなる、歯が揃っていないことによってできる”陰”がなくなるなどの理由から、歯並びまでも良く見せられます。

矯正中のモチベーションアップにも、ホワイトニングはおすすめです!

徳島でおすすめのホワイトニングはこちら

記事監修者:歯科医師 庄野太一郎

徳島県、昭和大学歯学部卒業。医療法人庄野市歯科診療所の理事長として、庄野歯科医院徳島院、庄野歯科医院北浜オフィスを開設。国際インプラント学会に所属し、インプラント治療の技術研鑽に努め、四国初のインプラントセーフティーマーク取得医院として認定。現在、関連書籍も出版。